ケアハウスとは…

厚生省が平成元年に軽費老人ホームの新しいタイプとして創設した高齢者施設です。
「食事付き高齢者マンション」 とお考えになっていただければ、イメージしやすいと思います。

『 高齢になっても可能な限り、施設ではなく、在宅で自由に生活したい。
でも、住宅事情の問題がある・・・ 一人暮らしも不安・・・』  等など

このような方に、個人の自主性を尊重し、外出・外泊も自由な自立した生活を営んでいただく為の
高齢者施設です。

ケアハウスは、老人福祉法に基づく施設で、公的補助が受けられ、所得に応じたご利用料金で,
ご入居いただけます。
又、高齢者の方に快適で、安心した生活ができるように全室個室(各お部屋風呂付)、食事の提供
緊急時の対応や生活上の相談等、高齢になっても安心の出来る施設となっております。

入居できる方・・・
・原則として60歳以上の方(夫婦の場合、一方が60歳以上であれば可)
・自炊が困難である
・高齢による身体機能の低下、障害等の為、1人で生活することに不安のある方
例)
・ 加齢に伴い、1人暮らしが不安になってきた・・・
・ 食事の支度が、苦痛になってきた・・・
・ 子供の近くで別居生活がしたい・・・
・ 「いざ」という時の安心感がほしい・・・
・ お互いのプライバシーを確保しつつ、老後の友達付き合いがほしい・・・  

           上記の方以外もお気軽にご相談下さいませ。

Copyright©特別養護老人ホーム『うぐいすの里』:大阪枚方市『社会福祉法人 福友会』 All Rights Reserved.